繁忙期こそ大事にしたい! 最高の笑顔の作り方

皆さんは笑顔に自信がありますか?
 
パッと明るさを振りまく親しみある笑顔は、見ているだけでハッピーな気持ちになりますよね。特に初対面では、見た目(顔の表情、目線、態度、体型)が最も印象に残るといわれており、実際飼い主さんに動物病院について伺うと、高い割合でスタッフの方々の表情についてお話をされます。
 
しかし、多くの方が来院されるこれからの時期は、忙しさでつい笑顔を忘れがち…。
 
今回はそんな繁忙期に備えるべく、あっという間に最高の笑顔ができあがる簡単トレーニングをご紹介します!

いい笑顔とは
201702172008_1.jpg

いい笑顔とは、どのような表情でしょうか。一般的には優しく、ナチュラルな微笑みといわれています。ナチュラルということは、「作っていない」ということですね。
 
反対に、作り笑顔の代表的な例は、目が笑っていない状態。「目が笑っていなくて、心の底で何を思っているか分からなくて怖い…」と思った経験、皆さんもあるのではないでしょうか。いい笑顔とは、目から優しさが伝わり、目尻が自然に下がるものなのです。
 
口に関しては、口角がキュッと上がっていることがポイント! 口を閉じたまま微笑むスタイルの笑顔もありますが、口を開ける場合、上の歯6~8本が見えるくらいが笑顔の理想といわれています。鏡を前にしたとき、一度自分の笑顔を確認してみましょう。


「うまく笑えない」は、1日5分の笑顔トレーニングで解決!
201702172008_2.jpg

うまく笑えないとき、頬がこわばり、口角を上手に上げられていないことに気付く…。
 
これは、筋肉が硬くなっていたり、衰えていたりする証拠です。普段意識することはないかもしれませんが、笑顔は筋肉運動によって作られています。筋肉がほぐれると、目も頬も、そして口もよく動くようになり、表情が自然と豊かになります。
 
トレーニングは短時間で簡単! ちょっとした空き時間に、すぐ実践できます。


◆顔全体をマッサージする
201702172008_3.jpg

まず、顔を優しくほぐします。肌はデリケートですので、やりすぎは禁物。肌への刺激を与えすぎないように、入浴中に行うか、クリームなどを使用すると良いでしょう。

---------------------------------------------------
<顔全体マッサージ>
201702172040_1.jpg

①口の周りを、顎、口角の横、鼻の下、口角の横、と順番に軽く押していきます。
②顔全体を手の平で包み込むように、顎から目の下まで、下から上の向きで持ち上げるように指を滑らせます。これを数回繰り返しましょう。
---------------------------------------------------


◆「ウイスキー体操」をする(口をほぐす)
201702172040_2.jpg

笑顔トレーニングの有名な方法に「ウイスキー体操」があります。名前で予想のつく人もいることでしょう。「ウ・イ・ス・キー」と言えば良いだけです。
 
ただ、小さく口をモゴモゴさせて言っても体操にはなりません。大きな口で、大げさに言ってみることが大事なポイントです。ウのときにはしっかり口をすぼめ、キーのときは横にしっかり口を伸ばしましょう。

---------------------------------------------------
<ウイスキー体操>
201702172040_3.jpg

・「ウ」「イ」「ス」「キー」と口を大きく動かす。1文字ごとに5秒キープします。
---------------------------------------------------


◆「風船体操」をする(頬をほぐす)
201702172040_4.jpg

口角が上がるときに、頬も自然に上がるのがいい笑顔です。筋肉が硬くなると、頬も上がりづらくなってしまいます。そのようなときは、頬をほぐす効果のある風船体操がおすすめです。下記の動作を数回繰り返してみてください。

---------------------------------------------------
<風船体操>
201702172040_5.jpg

①口を閉じた状態で口の中に空気をいっぱい入れましょう。フグのようなイメージです。
②次は、右頬を意識して右頬側だけに空気を溜めます。そのまま5秒キープ。
③同じように左頬も行います。
④鼻の下に空気を溜めて、5秒キープ。
⑤下唇の裏側に空気を溜めて、5秒キープします。
---------------------------------------------------


◆「ウインク体操」をする(目をほぐす)
201702172040_6.jpg

口角がキュッと上がっていても、目が笑っていない…。このパターンは、感情がこもっていないときの他に、やはり目の周囲の筋肉が硬くなっていることが原因となっています。しっかりほぐしましょう。

---------------------------------------------------
<ウインク体操>
201702172040_7.jpg

①両目を大きく見開き、次にギュッとしっかり閉じます。数回繰り返します。
②続けて片目ずつ行います。右目を見開き、そのとき左目はギュッと閉じます。
---------------------------------------------------


あなたの笑顔で、飼い主さんのハートを射止めよう
201702172040_8.jpg

忙しいとつい気を抜きがちになってしまう表情。はじめは意識しないと難しいと思いますが、毎日コツコツ続ければ、どんなときも最高の笑顔を届けられるようになります。

また、笑顔には印象を良くするだけでなく、ストレス解消や免疫力向上、顔のたるみを予防する美容効果も! 今回のトレーニングで、ぜひ素敵な笑顔を手に入れてくださいね。

ライター紹介

56_ext_01_0.jpg

山口 杏

ブライダル業界・インフラ業界・そして前職ではペットフード業界と、さまざまな業界を渡り歩く編集者。「情報を制する者が、マーケットを制す!」という思いから、Vet Lifeを通じ、飼い主さんのニーズや獣医療業界の最前線情報を届ける、お役立ちライターに成長したいと考えている。趣味は動物ブログを読むこと。好きな犬は柴犬、猫は茶トラ。

関連タグ