【動物病院専用】猫用療法食 ~新しくなったVet’s Selection 猫用腎ケア~

商品担当の濵野です。
今回は、この度リニューアルおよび新たにアイテムが増えた、イースター社の『Vet’s Selection 猫用腎ケア』についてご紹介します。
 
近年、獣医療の進歩や飼育環境の改善などにより、猫の平均寿命は室内飼育で16歳以上とのデータもあります。猫の長寿化にともない「慢性腎不全」も増加し、12歳では24%、15歳以上では30%以上発症するともいわれています。(イースター社調べ)
 
そこで開発されたのが『Vet’s Selection 猫用腎ケア』です!

★“Vet's Selection(ベッツセレクション)”とは?
「Vet=獣医」「Selection=選択、よりすぐったもの」という言葉の意味から、生体ごとの状態や品種、年齢など、それぞれに必要とされる栄養成分に最大限配慮した「動物病院専用の高品質ブランドにしたい」との思いを込めて名付けられました。

『Vet’s Selection 猫用腎ケア』は、“動物病院専用”の高付加価値機能食です。
 
 
★飼い主様の声と猫の嗜好性に応えるためにリニューアル
猫用特別療法食『Vet’s Selection 猫用腎ケア』が、「腎ケア-PPレーベル」として装い新たにリニューアル。ポーク味(PPレーベル)だけだった腎ケアに、新しくビーフ味(BPレーベル)ができました。
 
①BPレーベルが新登場
201704031440_9.jpg

比較的長期戦となるケースの多い「腎疾患」には、同一フードの継続給餌が必須となりますが、嗜好的に飽きっぽい猫の特性により、途中で食べてくれなくなり困ってしまう飼い主が多いという獣医師の方々の声があり、開発に至りました。

▼PPレーベルとBPレーベルの違い
「PP」はポークプロテイン、「BP」はビーフプロテインの略称です。二者の差異は、主原料となる「動物性タンパク質源」で、味を変化させた2種を用意することにより、飽きて食べなくなるリスクに配慮しました。

猫の嗜好に応じて選択でき、ミックスしても機能は変わりません。
 
②400g容量の追加
猫は嗜好性が難しいため、1.5kgでは大きすぎるとの声がありました。
猫の嗜好性の変化に合わせてPPレーベルとBPレーベルを併用する場合を想定し、1.5kg容量のみでは飼い主様にとってさらに使い勝手が悪くなってしまうと考え、400gを追加しました。

1.5kgは300gごとの分包仕様。400gはチャック付きのアルミ包装となっており、出来立ての香りの維持に最大限こだわっています。

201703232137_2.jpg
1.5kg包装は、このように300gずつの小分け包装になっているので、もしも猫が食べなくなってしまっても、期間を置いて何度か試していただくこともできます。
 
 
★粒の形状について詳しくご紹介
粒の形状には、イースターのこだわりがたくさん隠されています。
201704031440_10.jpg

【PPレーベル】
・ハートや魚の形に近い(さらに嗜好性を向上させるため、特殊な形状に工夫されています。)
・大きさ:約7~10mm

【BPレーベル】
・円形
・大きさ:直径8mm前後
 
粒の形状がそれぞれ異なるので、ミックスした際もどちらのものか分かりやすいのもメリットですね。
 
▼嗜好性を高めるこだわりの薄さ
猫用腎ケアはPPレーベルBPレーベルで粒の形状が異なりますが、実は「粒の厚み」をどちらも可能な限り“薄く”してあります。

猫は「パリッ」とした食感を好む傾向にあるため、この食感が出せるよう薄さにこだわっているのです。(※猫の嗜好性には個体差があります。)
201704031440_11.jpg

この“薄さ”を出すことが、製造上一番苦労するポイントでもあるそうです。

 
実際に手で割ってみました。
201704031440_12.jpg
「パリッ」とキレイな音が聞こえ、ほどよい力で割ることができました。


★猫用腎ケアのカギとなる“活性炭配合”
『Vet’s Selection 猫用腎ケア』は、フードそのものの「タンパク質量」を下げることにより腎臓に及ぼす負担を軽減させるのではなく、猫の消化管内で生産された窒素酸化物を腸管内でフードに配合した「ヘルスカーボン」に吸着させ、便とともに排泄することで、腎臓に及ぼす負担を軽減させるメカニズムを採用しています。

そのため、比較的「嗜好性に富んだ」配合を用いることが可能となり、腎臓への「負担の抑制」と「高い嗜好性」の両立に成功しました。
 
▼ヘルスカーボンとは
「ヘルスカーボン=活性炭」
活性炭は腸内で溜まっている尿毒素を吸収し、そのまま便として体の外に出す役割をしてくれます。

まさに、『Vet’s Selection 猫用腎ケア』のカギとなる役割を果たしているのです。
 
製品中には0.2%の「ヘルスカーボン」が配合されており、「ヘルスカーボン」の配合率は長期にわたる臨床試験から得られた結果に基づき、フード100gを摂餌すれば、200mgを摂取できる設計となっています。
均一な配合となっていることから、摂取量が確認できるメリットもあります。

 
★こだわりの原材料と栄養バランス
▼原材料にこだわり、「低アレルゲン仕様」に
穀類は「国産米」のみに限定し、トウモロコシや小麦粉、大豆は不使用。

保証成分については、総合栄養食基準を意識しながら、マグネシウムをはじめとしたミネラル類やビタミン類などの微量成分に配慮しています。

▼総合栄養食に匹敵する栄養バランス
体力が衰え気味の猫の栄養状態に配慮し、「総合栄養食」に匹敵するバランスの取れた栄養成分を含有させています。長期給餌の際の、削痩や元気喪失にも配慮しました。

さらに腎疾患予備軍猫向けに「予防食」としても活用いただけます。

 
★製造元イースターの強み
イースターの武器は、「自社工場」です。

国産だけでなく、研究・仕入・製造・嗜好性確認・販売・物流に至るまで一貫した自社での製品作りにこだわっています。

また、現在は自社で猫を10頭飼育。猫以外にも犬やハムスター、モルモット、チンチラなども飼育しています。安心安全な、新たな嗜好性素材・原料を探し求めるとともに、猫においしく喜んで食べてもらえるよう、日夜飼育猫を用いた「給餌テスト」に励んでいます。

実際に動物たちに試食してもらっているので、とても安心ですね。
201704031440_13.jpg

201704031440_14.jpg

201704031440_15.jpg

201704031440_16.jpg
こんな風に、みんなでのびのびと生活しています! フェレットやハリネズミなんかもいるそうです。

イースターでは、マーケットにおけるニーズの把握と反映に常に努め、ニッチな分野まで幅広く「オンリーワン」の製品開発を目標にしています。
 
毎日の食事ですから、喜んで食べてもらえるとうれしいですね。

『Vet's Selection猫用腎ケア』はこちら↓
>PPレーベル
>BPレーベル

ライター紹介

99_ext_01_0.jpg

濵野 祐衣

シグニで商品担当をさせていただいています。 動物医療のこと、商品のことを何も知らずに入社し約5年が経ちますが、日々商品について勉強させていただいております。 大の犬好きで、プライベートではチワワを飼っています。