いくつ知ってる?動物にまつわる記念日(鳥類・爬虫類・魚類・動物全般編)

これまで犬猫をはじめとした哺乳類に関する記念日をご紹介してきましたが、実はそれ以外の動物にまつわる記念日もたくさんあります。知っておけば、哺乳類以外を家族に迎えている飼い主さんとの良い話のネタになること間違いなし!

今回はなかなか取り上げられることのない鳥類・爬虫類・魚類、そして動物全般に関する記念日をご紹介したいと思います。

※犬猫編はこちら
※犬猫以外の哺乳類編はこちら


<鳥類・爬虫類・魚類編>
3月3日:金魚の日
201710031342_1.jpg

日本観賞魚振興会(日本観賞魚振興事業協同組合)によって制定された記念日。江戸時代、3月3日のひな祭りの日に、ひな壇に金魚を飾っていたことが由来となっています。


4月25日:世界ペンギンの日
201710031342_2.jpg

世界ペンギンの日(World Penguin Day)は、毎年この時期になるとアメリカが有している南極基地の周辺に、アデリーペンギンが姿をみせることから制定されたそうです。

ペンギンを飼っている方はあまりいませんが、好きな方は多いものです。アデリーペンギンが絶滅の危機に瀕していることや、野生動物の保全の大切さについて、伝えるのも良いかもしれません。


5月10日~16日:愛鳥週間
201710031342_3.jpg

Oliver L. Austinという鳥類学者によって、1947年に制定された記念日です。日本野鳥の会によると、戦後の日本の野鳥の少なさを憂慮した連合国軍総司令部(GHQ)が、野鳥についての正しい知識の普及を日本政府に勧告したことがはじまりだそうです。

当初は4月10日とされていましたが、1950年以降は環境庁(現・環境省)により5月10日を起点とした1週間を「愛鳥週間(バードウィーク)」とするよう変更されました。1カ月ほど日をずらした理由は、「4月は一部の地域で積雪が残っているため」だそうです。


5月23日:世界亀の日
201710031342_4.jpg

「American Tortoise Rescue」という団体によって制定された記念日です。亀について知ること、そして亀に敬意を払い、亀の生存・繁栄に向け、私たち人間が行動することを奨励するために作られた日だそうです。


6月6日:かえるの日
201710031342_5.jpg

公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館が主宰する「かえる友の会」の会員であり、ライトノベル作家でもある矢島さら氏によって制定された記念日。

「けろ(6)けろ(6)」というかえるの鳴き声にちなんで、6月6日が選ばれています。ちなみに「かえる友の会」には、かえるのコレクションを1点以上所有していれば、誰でも入れるそうです。


6月15日:オウム・インコの日
201710031342_6.jpg

捨てられた、または捨てられそうになっている飼い鳥の保護などを行う、認定NPO法人「TSUBASA」によって制定された記念日です。オウム(06)とインコ(15)という語呂合わせによって、6月15日と制定されました。この日に合わせて、全国で鳥類に関するイベントが行われています。


9月6日:カラスの日
201710031342_7.jpg

カラス愛好家が集まる「カラス友の会」によって制定された記念日です。カラスの英語表記「crow(クロウ:96)」と、黒い体をしていることが、記念日の由来となっています。

嫌われ者というイメージのあるカラスの「意外な魅力」を知ってほしいという思いがあるそうです。


10月24日:文鳥の日
201710031342_8.jpg

「て(10)に(2)し(4)あわせ」という語呂合わせから制定された記念日です。長らく愛玩鳥として愛されてきた文鳥に思いを馳せたり、PRしたりすることが主な目的となっています。そのため、この日に合わせて文鳥に関するイベントを行う団体もあります。


11月11日:チンアナゴの日
201710031528_1.jpg

すみだ水族館によって制定された記念日です。チンアナゴが穴から顔を覗かせている姿が数字の「1」に見えること、そしてチンアナゴは群れで過ごすことから、1年で最も1のつく11月11日に定められているそうです。すみだ水族館では、毎年チンアナゴに関するイベントを実施しています。


<動物全般編>
4月19日:飼育の日
201710031528_2.jpg

日本動物園水族館協会によって定められた記念日です。「し(4)いく(19)」という語呂合わせと、同協会が創立70周年を迎えたことから制定されました。この日は全国の動物園や水族館で、飼育に関するさまざまなイベントが行われています。


7月15日:ペットの火災安全の日
201710031528_3.jpg

意外と多い、ペットが引き起こす火災。この悲劇を防ごうと、アメリカン・ケネル・クラブ(AKC)とセキュリティ会社The ADT Corporationが共同で制定しました。AKCなどでは、この日に合わせてペットが火災を起こさないための注意点などを啓発しています。


9月20日~26日:動物愛護週間
201710031528_4.jpg

動物愛護管理法 第4条により定められた、動物の愛護と適正な飼養への関心・理解を深めることを目的とした期間。1915年にアメリカ動物愛護協会が「動物を愛し、動物と人間の絆を深める」ことを目的に、制定したのがはじまりといわれています。

この期間には、国や地方自治体、関係団体などにより、全国各地でさまざまなイベントが開催されています。


9月23日:動物虐待防止の日
201710031528_5.jpg

動物虐待をなくすために、2016年より日本動物虐待防止協会によって新設された記念日です。動物愛護週間の中日に制定されており、動物虐待防止を訴えるセミナーやイベントが行われます。


10月4日:世界動物の日
201710031528_6.jpg

動物愛護や保護を目的として作られた記念日です。「人も動物も神の前では平等」と説いた、カトリック修道士アッシジのフランチェスコの聖名祝日にちなみ、10月4日と制定されました。

カトリックの聖名祝日と関係のある日ではあるものの、当日は宗教の壁を超えて、世界的にイベントが行われます。


10月13日:ペットの健康診断の日
201710031528_7.jpg

全国の獣医師・動物病院が参加する団体「Team HOPE」が制定した記念日。飼い主さん、そして社会に向け、ペットの健康診断受診の重要性を啓発することを目的としています。

近年、ペットの予防医療が意識されはじめていますが、まだまだ「病気にならないと動物病院に連れて行かない」「健康診断は受けさせていない」という飼い主さんがたくさんいらっしゃいます。

健康診断を定期的に受けることで、病気の早期発見、早期治療につなげられるようにという思いが込められているそうです。日付は「じゅう(10)い(1)さん(3)」という語呂合わせになっています。


11月22日:ペットたちに感謝する日
201710031528_8.jpg

ペットフードやペット用品の製造・販売を行っている、ピーツー・アンド・アソシエイツ社が制定した記念日です。

人とペットが一緒に幸せになることを目的に、ペットにちょっとだけご褒美をあげて、感謝の気持ちを表す日として制定されています。


動物にとって、より良い環境にしたいという思いが記念日に
201710031634_1.jpg

記念日の種類も由来もさまざまですが、それぞれに共通しているのは、動物に対する愛情。より動物が過ごしやすい環境にするためにという思いが込められています。

飼い主さんとの会話の中に、こうした記念日を盛り込みながら、飼い方の啓発などを行うのも良いかもしれませんね。

※犬猫編はこちら
※犬猫以外の哺乳類編はこちら

ライター紹介

56_ext_01_0.jpg

山口 杏

ブライダル業界・インフラ業界・そして前職ではペットフード業界と、さまざまな業界を渡り歩く編集者。「情報を制する者が、マーケットを制す!」という思いから、Vet Lifeを通じ、飼い主さんのニーズや獣医療業界の最前線情報を届ける、お役立ちライターに成長したいと考えている。趣味は動物ブログを読むこと。好きな犬は柴犬、猫は茶トラ。