2016/09/23

遠方から通うファンも多い「光が丘動物病院グループ」

通うと、人に教えたくなる。
不安だった心が、ポッと温かくなる。

今回は、光が丘動物病院グループさんの求人をご紹介。
どのような病院なのか、その魅力と取り組みに迫ります!  

約25年、地元はもちろん、全国に愛される動物病院
201611091455_1.jpg

「練馬区光が丘の住宅街の一角にあり、グループの中核を担っている、光が丘動物病院」
「日本で初めてホームセンターに併設され、代替医療も取り入れる、グリーン動物病院」
「商店街で、細かなもてなしにより究極の地域密着型を実現している、とくまる動物病院」
「都心である麻布・六本木で、最先端の医療を提供する、光が丘動物病院 麻布クリニック」

4つの特徴ある動物病院を経営する、光が丘動物病院グループ。
地域に根差しながらも、そのホスピタリティと技術力の高さからクチコミや紹介での来院が多く、都内はもちろん、福島県や長野県などからも、セカンドオピニオンを求めて飼い主さんが訪れます。
 

日々の健康ケアと高度医療、両方を追求する1.5次診療
201611091455_2.jpg

気軽に立ち寄れるアットホームな雰囲気でありながら、どんな症例にも対応できる技術力をもつ、1.5次診療を実現。医療設備も充実しており、内視鏡をはじめCTやMRIなど、高度検査を可能にする機器を導入しています。開院当初から重きを置いているのは、外科。特に整形外科と神経外科に力を入れており、犬の椎間板ヘルニアの診療や手術に実績があります。

技術力向上には余念がなく、日々の臨床、グループ全体で年間6万件に加え、学会やセミナーへの参加を積極的に推進! また、代替医療としてオゾン療法やメディカルアロマテラピー、鍼療法なども取り入れているそうです。


全ては「動物たち、そして飼い主さんのために」 201609211717_3-600x0.jpg

驚くことに、光が丘動物病院グループは、飯塚院長とスタッフ2~3名しか在籍していなかった開業時から、25年間365日、1度も休んだことがないといいます。 それは「うちが休みだと、飼い主さんが連れて来れず、困ってしまうから」という思いから。また、外科に力を入れた理由も、飯塚院長が獣医療に従事した当初、手術が得意な獣医師が少なく、「多くの動物を救い、飼い主さんたちの力になるには必要だ」と肌で感じたからだそうです。

飯塚院長はこう言葉にされます。「獣医療業界では診療対象は動物だから、動物だけ診ていればいいと捉えがちだが、獣医療はその動物たちの親ともいえる飼い主さんあってのもので、医療技術が高いだけでは満足度の高いケアを実現することはできない。動物の感じる体や心の痛みだけでなく、飼い主さんの心の痛みも包み込むホスピタリティ、動物福祉の心を大事にしてほしいと思っています。」


ラクではない、でも大きく成長できる環境 201609211717_4-600x0.jpg

たくさんの臨床経験やセミナーへの参加から技術の向上を図ることはもちろんですが、実は同グループの特徴は「徹底した数字の把握」にあります。来院数・各症例数・入院数・退院数など、スタッフは所属している病院だけでなく、グループ全ての数字を把握しなければなりません。

数字把握に力を入れる理由は、「判断力を養うため」。グループが向いている方向を言葉だけでなく、経験で知ること。それには客観的な指標となる数字が欠かせないといいます。「方向性さえ掴めれば、間違っているかもと縮こまることがなくなる。自分で考えて行動できるようになる。」と、光が丘動物病院では開院当初からこの取り組みを行っています。

また、自発的で発信が頻繁にあるという現場からは、四半期に一度スタッフ同士で評価しあう、MVP制度も誕生しました。医療という評価しづらい現場でありながらも、互いに働きや頑張りをしっかりと見て、良さを伸ばし合うことを大切にしています。


充実した福利厚生で、女性も安心して長く活躍できる
201611091455_3.jpg

現状、結婚や出産を機に退職をする人が多い獣医療業界。しかし、光が丘動物病院グループは、「獣医師も動物看護師も能力があり、選ばれた人たちだと思う。環境が整っていない、自分だからこそというやりがいを感じることができないからと、辞めてしまうのはとてももったいない。」と、個人の環境の変化があっても、長く活躍できる場の提供をしたいと考えているそうです。

待遇も、評価基準に基づいた給与体系の実現、産前産後や育児中も安心のシフト制の導入、学会参加時や介護時に活用できる充実の手当など、数年前から大きく改革。中でも注目は1週間の連休を取れる「リフレッシュ休暇制度」。家族や友人との時間をしっかり楽しむことができるとスタッフの方から好評とのことでした。


動物に、飼い主さんに、同僚に、技術に、数字に、「向き合う」。
それは一見、とてもハードに思えますが、光が丘動物病院グループでの経験とそこで培う力は、きっと一生ものになるはずです。興味を持たれた方は、ぜひチャレンジしてくださいね!

==================================================
【光が丘動物病院グループの求人に興味を持たれた方は、こちら!】

<光が丘動物病院>
https://career.cygni.co.jp/recruit/detail/232
https://career.cygni.co.jp/recruit/detail/233

<とくまる動物病院>
https://career.cygni.co.jp/recruit/detail/234

<光が丘動物病院 麻布クリニック>
https://career.cygni.co.jp/recruit/detail/235

※求人詳細が掲載されている、姉妹サイト「シグニキャリア」に移動します。求人情報は2016年9月23日時点のもので、掲載を終了している場合は、「シグニキャリア」のトップページが表示されます。
==================================================

ライター紹介

56_ext_01_0.jpg

山口 杏

ブライダル業界・インフラ業界・そして前職ではペットフード業界と、さまざまな業界を渡り歩く編集者。「情報を制する者が、マーケットを制す!」という思いから、Vet Lifeを通じ、飼い主さんのニーズや獣医療業界の最前線情報を届ける、お役立ちライターに成長したいと考えている。趣味は動物ブログを読むこと。好きな犬は柴犬、猫は茶トラ。

関連タグ