最大の集客の武器! クチコミを集める&広げるコツ3

情報であふれかえる現代において、何よりも高い集客効果を発揮する「クチコミ」。しかし、以前とは異なり、「良い仕事をし続けていれば、自然と紹介で広がっていくんだ」という常識が、通用しづらい世の中になってきました。

その理由は「近所付き合いの減少」、そして今や多くの人の生活の一部となっている「インターネットの普及」です。近所で得られなくなった情報を、インターネットで得たい。クチコミが「声」ではなく、「文字」で受け取られる機会が増えてきたのです。

では、一体どのような対策をすれば良いのでしょうか。今回は他業界で定番となっている、3つの施策をご紹介します!

①クチコミサイトへの投稿を促進する
201611081837_1.jpg

近年、動物と人間の関係性の変化により、かかりつけの動物病院を「近所にある」という理由で選ぶのではなく、「大切な家族だからこそ、少し遠くても評判の良いところに通わせたい」と、リサーチする方が増えています。

そこで今、注目を集めているのが、動物病院のクチコミを扱うサイト。多くの飼い主さんが、どんな雰囲気だったか、動物病院でどんな対応をされたか、サイトを見て参考にしています。 

===================================================
【主な動物病院クチコミサイト】
・Calooペット  https://pet.caloo.jp/
・Pet@QLife  http://www.qlife.jp/pet/
・エキテン  http://www.ekiten.jp/cat_animal_hospital/
・クチコミ動物病院情報 全国版  http://www.kuchikomi.tv/pet/
・ペットのお医者さん 首都圏  http://petfan.jp/ ===================================================

しかし待っているだけでは、なかなか投稿を得ることはできません。投稿してもらうには、「きっかけを提供する」ことが重要です。おすすめは、「診療後のお会計を待つ間に記入をしてもらう」「サイトへの投稿の仕方を書いた紙を渡す」などの方法。ちょっとしたプレゼントを用意すれば、投稿率がグッと上がります!

「クチコミサイトに投稿された途端、それを見て来院する方が増えた」という動物病院さんは、実はとてもたくさんいらっしゃいます。手間はかかりませんので、「そんなことある?」と思われた方も、だまされたと思って、まずは試してみましょう。


②Facebookで拡散を狙う
201611081837_2.jpg

他業界でも注目度の高い、Facebookでの集客。若い世代への訴求力はあまり高くありませんが、現在の消費を担う30代以降の登録者が多いことが特徴です。

Facebookを活用する上で重要なのは、「いいね」ボタンを押してもらうこと。「いいね」ボタンを押すと、その人のタイムラインに継続的にニュースが掲載され、さらにその友達にまでニュースを届けることができます。知り合いから共有されるニュースに興味を持つ人は多く、安心感と信頼感を持って、知名度を高めることができます。

投稿内容は、飼育や健康におけるちょっとしたお役立ち情報や、その日動物病院で起こったエピソードなど、拡散が期待できる情報を盛り込みましょう。里親募集や献血ドナーなどの情報発信は、自院の知名度を高めることができるだけでなく、そういった取り組みへの啓発活動にもなります。


③アンケートを実施し、HPに掲載する
201611081837_3.jpg

クチコミサイトやFacebookを見ない人に対してのアプローチとして有効なのが、自院のHPに飼い主さんの声を掲載すること。近所にある場合でも、どんな病院なのか、訪れる前にインターネットでリサーチする方は多いので、HPに飼い主さんの声を載せておけば、安心感が高まります。

直筆をそのまま写真に撮って掲載すれば、臨場感も◎ ただし、アンケートを無断掲載するのはトラブルの元。必ず事前に「HPに掲載してよいか」、許可を取っておきましょう。


クチコミは、ちょっとの工夫で大きな差をつけられる
201611081837_4.jpg

クチコミは「自然と広がるべきもの」と、少し違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。しかし書いてもらった思いや言葉は、決して偽物ではなく、人々の中にあったものを具現化しただけなのです。

クチコミは良いものの、あまり良くないものも、飼い主さんからの生の声を聴く、とても良い機会になります。ぜひ一度実施して、飼い主さんの声を知るきっかけにしてみてください!

ライター紹介

56_ext_01_0.jpg

山口 杏

ブライダル業界・インフラ業界・そして前職ではペットフード業界と、さまざまな業界を渡り歩く編集者。「情報を制する者が、マーケットを制す!」という思いから、Vet Lifeを通じ、飼い主さんのニーズや獣医療業界の最前線情報を届ける、お役立ちライターに成長したいと考えている。趣味は動物ブログを読むこと。好きな犬は柴犬、猫は茶トラ。