いくつ知ってる?動物にまつわる記念日(犬猫以外の哺乳類編)

前回の犬猫編に続き、今回は犬猫以外の哺乳類編をお届け!

日本ではどうしても犬猫が注目されがちですが、他の動物たちにもちゃんと記念日が制定されています。

日本独自の語呂合わせでできたものから、国際的な記念日まで、各記念日の由来やイベント情報をご紹介します。

※犬猫編はこちら
※鳥類・爬虫類・魚類・動物全般編はこちら


1月21日:リスの日
201612271156_13.jpg

「Squirrel Appreciation Day」は、アメリカのノースカロライナ州で野生動物のリハビリを行うスタッフが2001年に提唱し、身近な存在であるリスへの理解を深めようということで制定されました。

日本ではごく一部の地域でしか見られませんが、アメリカではどの地域でも庭によく遊びに来る、とても親しみのある動物だそうです。


4月12日:世界ハムスターの日
201612271156_14.jpg

1930年にエルサレムでヘブライ大学の動物学者たちがシリアンハムスターを捕獲し、飼育しはじめたことを記念して制定された日です。このとき繁殖したハムスターが脱走し、その子孫が世界中に広まったといわれています。

ちなみに日本では8月6日が、数字の8と6の語呂合わせで「ハム」となることから、SNSなどで「ハムスターの日」として盛り上がっています。


5月25日:世界カワウソの日
201612271156_15.jpg

イギリスの国際カワウソ生存基金が、絶滅の危機にあるカワウソの現状を知ってもらうために制定した日です。カワウソは世界に13種類いますが、そのほとんどが絶滅の恐れがあるとして国際自然保護連合のレッドリストに入っています。

日本では5月21日に、智光山公園こども動物園をはじめとした動物園や水族館で、カワウソの関連イベントが行われています。


6月6日:ひつじの日
201612271156_16.jpg

6月6日は「ひつじの日」!6の数字がクルッとしている羊の角に似ているということで、洋菓子メーカーであるメリーチョコレートが制定しました。

羊のほっこりと癒されるイメージから、「ひつじの日にスイーツで優しさを贈ろう」というPRをしています。ちなみに、日本のバレンタインデーの定番がチョコレートになったルーツも、このメリーチョコレートだそうです。


6月21日:世界キリンの日
201612271156_17.jpg

6月21日は一年で昼が一番長くなる夏至の日。「世界キリンの日」は、その昼が一番長い日に、世界一首の長い動物であるキリンについてよく知ろうと、キリン保全財団によって制定されました。日本でも安佐動物公園をはじめ、キリンの日にちなんだイベントを行っている動物園がたくさんあるようです。


7月最終金曜日:コアラの日
201612271156_18.jpg

7月の最終金曜日は「コアラの日」です。オーストラリアコアラ基金が制定したもので、日本では2000年から実施されはじめました。

コアラはかつて1000万頭いましたが、現在では5~10万頭まで減少したといわれており、何も対策を講じなければ30年以内に絶滅するとされています。日本ではコアラのマーチでおなじみのロッテが、啓発活動を行っています。


7月29日:世界トラの日
201612271156_19.jpg

「世界トラの日」は、2010年にサンクトペテルブルクでトラの保護について話し合いがもたれた際に制定されました。絶滅の危機に瀕しているトラの問題と保護する方法を考えることを目的としています。この日はトラにちなんだイベントが、動物園などで行われています。



8月10日:世界ライオンの日
201612271156_20.jpg

野生動物たちの食物連鎖の頂点に君臨する、百獣の王ライオン。しかし、現在は数が大幅に減っており、その数はなんと100年で20万頭から3万頭まで減少したといわれています。

そこで2013年、非営利団体「African Parks」はライオンを絶滅の危機から救うため、「World Lion Day」を制定しました。特にアフリカとインドで、活発な活動が行われています。

ちなみに日本では4と4で「シシ」という語呂合わせから、4月4日を「獅子の日」としていますが、詳しい由来は分かっていません。



8月12日:世界ゾウの日

201612271156_21.jpg

生存環境の変化や密猟などにより窮境に陥っているインド象やアフリカ象に注目してもらおうと2012年に制定された記念日です。カナダの映像作家で象擁護者のパトリシア・シムズさんとタイの象再導入財団によって共同設立されました。

日本にも「象の日」があり、これは4月28日。1729年にベトナムから献上品として初めて日本にやってきたことが由来となっているようです。



9月22日:世界サイの日201612271156_22.jpg

サイは象と同様に、角を狙う密猟者たちによって絶滅の危機に瀕しています。「世界サイの日」は、その現状を知ってもらうために、2010年WWF南アフリカが提唱したことからはじまりました。日本でも東武動物公園や天王寺動物園など、多くの動物園で関連イベントが行われています。



9月第4週目の土曜日または日曜日:世界ウサギの日
201612271156_23.jpg

「世界ウサギの日」は、野生・飼育を問わず、全てのウサギの保護とケアを推進する日です。ウサギがいかに私たちに多くの喜びをもたらしてくれているか、またいかに多くのウサギが食料や毛皮をはじめ、医学実験や製品テストで傷つけられているかについて考えることを目的としています。
 
ちなみに日本では、3月3日が「ウサギの日」とされています。日本の「ウサギの日」は、いつ、誰が制定したものなのか由来が分かっていませんが、3月3日は「ミミの日」ということで、「ミミ=ウサギ」という語呂合わせからはじまったのではないかといわれています。


触れ合う機会の少ない動物を、身近に感じられる記念日201612271156_24.jpg

さまざまな記念日がありましたが、皆さんはいくつご存知でしたか。普段あまり接することのない動物もいますが、どの種類も本当にかわいいですよね。

今回取り上げた記念日は、日本ではまだあまり耳にしたことがないかもしれません。日本でも犬や猫だけでなく、もっとこれらの記念日が取り上げられ、動物たちに思いを寄せる機会が増えると良いですね。


※犬猫編はこちら
※鳥類・爬虫類・魚類・動物全般編はこちら

ライター紹介

56_ext_01_0.jpg

山口 杏

ブライダル業界・インフラ業界・そして前職ではペットフード業界と、さまざまな業界を渡り歩く編集者。「情報を制する者が、マーケットを制す!」という思いから、Vet Lifeを通じ、飼い主さんのニーズや獣医療業界の最前線情報を届ける、お役立ちライターに成長したいと考えている。趣味は動物ブログを読むこと。好きな犬は柴犬、猫は茶トラ。